ジャグナーといえばトラ

「ひと記事、ひと場所」。
今回はジャグナー森林です。

サンド民にとってはジャグナーはジュノに至るルートの
最初の難関の場所と言っても良いでしょう。

見通しが悪い中で、一見安全そうな通路はありますが、
両脇にはトラがうろうろ。足も早いし、強いし。
そんなトラを避けたと思ったらオークやゴブリンがいて……。

ジャグナーはやっぱりこれを書かないといられないという思い出があります。
今やすっかり私の前を走って先導してくれることが圧倒的に多くなったフレのエルさん。
そんな彼もまだこれからジュノに向かうようなひよっ子時代がありました。

ジュノへの道のりは私が付き添うことに。
例によって、私は後ろから見守るスタイルでついていっていました。

私 「絡まれたら叫んでねー」
フレ 「ポーツマス!ポーツマス!って叫ぶよ」(注:芸人さんのギャグ)
私 「常識のある範囲でお願いしますw」

敵を巧みに回避するのがうまいフレが、初めての場所とはいえ
絡まれることはまずないだろうと私は思っていましたし、
事故も起きないだろうと思ったのです。

安全そうに見える通路も……

ですが、ここで私が回線落ちをしてしまいます。
まがいなりにもフレを護衛中のこと。
慌てて復帰したときには、まさにフレは絶賛絡まれ中。

復帰した私を見つけた彼は助けを求めてtellを飛ばしました。
「ポーツマス!ポーツマス!」と。

……直前に彼をパーティに誘った全く知らない誰かに。

フレ 「うわああああ、誤爆しちゃった」
私 「なにを」
フレ「ポーツマス……」
私 「だから常識の範囲内でっていったのにw」
フレ 「こっちだって必死だったんだよ!」

今でも二人で笑い話になるほどの思い出です。
ちなみに誤爆してしまった相手の方にすぐにお詫びをいれたところ、
笑ってくださっていたようですけどね。びっくりしただろうなー。

私個人のジャグナーの思い出というと、釣りしてたとか、骨のぼりなんかが多くて。
トラ狩りはジャグナーではあまりやっていなくて、
どちらかというとキノコ狩りとカブト狩りをしていました。

キノコはかなりお世話になりましたね。
何ヶ所か群生している場所がありますが、
一番よく使ったのはキノコ谷と言われるところになるのかな。

キノコ襲来

ここにある巨大なキノコは特定条件でポワンポワンとバウンドするように
上部が盛り上がって、胞子を撒き散らすんですよね。
実は1ヶ月以上張り込んで、そのときのSSを撮影しようとしていたのですが、
うまくそのタイミングに当たらず撮影できず残念。
ここでレベル上げとかしている頃は、わりと頻繁に見ていたので、
こんなに撮影できないとは思っていませんでした。
(実はそのせいでこのシリーズの掲載順を変えたほどです)

ジャグナーは横道にそれて進めば進むほど、
面白い景色が色々と見られる場所。
このキノコ谷もそうですが、北側にもキノコの群生地がありますし、
別の場所には粘菌がついたような白いキノコがいっぱいあるところも。

どうしてもお天気がいつも悪くて、よく雨が降ってるなぁ、
曇っているなぁという印象が強いので、
このキノコが沢山というのもなんだか納得ですよね。

私自身はジャグナーでは二ヶ所の趣きが異なる滝も結構好きでした。
特に目的を持たずに釣りをするときは、
滝が見えるところで釣りをすることが多かったです。

ひとつは白糸の滝みたいに細い流れの滝。

白糸の滝っぽい感じ

SSはお昼に撮影したものですが、晴れた夜にここに来ると、
水のすじが際立ってよりきれいに見えます。

もうひとつは、こちらの滝です。

朝もやの景色がお気に入り

こっちは早朝に見るのがお気に入り。
朝もやに融けて幻想的な景色を見せてくれるんです。

モヤとか霧っていうと、こちらもですね。

霧のメシューム湖

ジャグナー最大の水のある風景「メシューム湖」。
この広さを反映してなのか、メシューム湖では
場所によって釣れる魚が違うんですよねー。

ここも朝方のかすんだ景色がなかなかいいんですが、
かなり小島の下のほうまで見えているのが分かると思います。
かなり水が綺麗な場所なんですね。

水つながりで、最後はクリスタルの泉(水晶泉)。

クリスタルの泉

夜に見たほうがよりきれいに見える場所のひとつです。
小さな泉ですが、透明感があり、
さらに不思議な色の変化を見せる泉を見たときには、
「クリスタルの泉ってぴったりのネーミングだなぁ!」と思いました。
見ているだけで、気が付くと結構な時間が経っていることもありましたね。

もう一ヶ所名前がついた泉でいうと「乙女の泉」がジャグナーにはありますが、
こちらも落ち着いた美しい泉です。
プロマシア以降はエリアチェンジも近い場所になったので、
たまにカニを狩っている人を見かけていました。

ジャグナー森林は初めてジュノへ向かうくらいのレベルでは、
ラテーヌから入ってすぐにトラやオークがいたり、
バタリアに抜ける手前までゴブリンがいたりと、
最後まで気の抜けないエリアでした。
初めて来たときは「早く通り抜けたい」と思わされる場所でした。

そして、レベルが上がり、
このエリアをじっくり見てまわる余裕が出来たとき、
鬱蒼とした森の中に隠された、
美しい風景や、ちょっとした面白い光景を見つける楽しさを
教えてくれた場所でもありました。


「ひと記事、ひと場所」タイトル一覧

  
コメント

南東の滝は、川の西側からは滝壺行けない場所ですね。トラに絡まれたりとかしてました。
でも当時居たLSの人はレベル上げ以外興味ないと。。
レベル上げ嫌いな私とはスタイル違うんだなと感じた場所でもあります。
ま、システム的にもレベル差補正とかあるので、私が異端なんですけどね。
水溜まり師匠│URL│10/25 17:35│編集

■ 水溜り師匠さん
初めまして!コメントありがとうございます。
あの滝のあたりってトラが闊歩しているのでトラ牙狩りの方が
巡回するコースに含まれていたんですよねぇ。
夜になるとオバケもわくし、
特に低レベル時には結構こわい場所だったりしますよね。
れあ│URL│10/25 20:52│編集
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/821-ad912577
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)