ブーナー熱帯雨林で

FF11で知り合った
Kさん(ウェディ)とSさん(プクリポ)、そして私(エルフ)は、
2016年8月にドラクエ10をスタート。
8月の終わりにはそれぞれ家を購入し、
勢いにのってひとつめのキーエンブレムを入手しました。

そのまま二つ目、三つ目とキーエンブレムを取って行きたかったのですが……。

Sさん 「今月(9月)は二回に分けて海外出張いくことになった」
Kさん、私 「えっ!どこいくの……」

ということで、Sさんが少しの間離脱することが確定。
そこでストーリーは進めるのをちょっとやめて、
サブクエストなどに力を入れてみようということになりました。

宝探しは楽しいですね!

早速、他種族の装備がもらえるクエストや、
美容院を使えるようになるクエスト、
ドレスアップが出来るようになるクエスト……
あとは宝探しは結構盛り上がりつつやっていました。

「この場所はこの辺りだよね」と特定するのが得意な私。
だけど、そこからピンポイントで場所を見つけるのがうまいのはKさん。
Sさんは……開けたときに一番いいものが出てましたね。
三人でそれぞれの地図をあけてまわって楽しかったです。

クエストの過程で、これまでアズラン、ジュレット、オルフェアの町までしか
足を踏み入れていなかったのが、さらにもうひとつ先の街まで。
たどり着いた街はどれも個性があり、またそのエリアを代表する都市として
成立している場所のせいか、非常に広く、構造もなかなか複雑。
ヘタにお城などに入るとメインストーリーが進んでしまいそうだと思ったので、
そこは三人とも回避できるところは回避しつつクエストを受けていきました。

なすびたちとの交流

街でクエストを受けていると、途中で他のプレイヤーさんが
なすびファッションで遊んでいて、私達の周りを駆け回るといったこともあって、
楽しませてもらいました。
本当は私達もなすびになってご一緒したかったんですが、
どうしていいか分からず、ただ会話するだけになっちゃったんですが、
こういう雰囲気いいなぁーって思いながら皆さんを見ていました。

FF11でもタルタルという種族が何人か並んでいると
気が付くとその列が伸びたりっていうのがあるんですよね。
あぁいうのって、具体的に言葉にはできないんだけれど、
やっぱり楽しいなって感じます。

こういったクエストをこなす中で、
装備品をより多く持てるようになる「093 そうびぶくろ超整理術」が
受けられたので、これは早くやろうと早速着手。

各都市をまわって、最終的にブーナー熱帯雨林に行くことになったのですが、
遠目に見える虹がすぐ目に飛び込みました。

「虹がでてるね」
Sさん 「きれいだねー」
Kさん 「あとで記念撮影しよか」
Sさん、私 「おー」

目的地に着いて、イベントを進行。
そのポイントの近くがいい感じで、
背景の滝と虹をきれいにSSにおさめられそうです。

後ろ気をつけないとねー

「このへんー」

三人並んでパチリ。
ポーズを決めてみたりしながらまたパチリ。
あーなんか後ろにいるなぁ、気をつけないと……と思いつつパチリ。

もうちょっとだけズームしてみよかな。
またパチリ。

むむむ……危ない予感

そろそろ本当に危ないな、場所移ったほうがいいな。

……そう思ったとき、私達を見つけた敵がこっちに向かってきました。

パチリ。

きゃーーーw

三人 「あ」
三人 「www」

逃げようとした私は焦ってさらに一枚SSを撮っている始末。
(おかげでまさに追いかけられようとしているSSが撮れました……)
ちょっと出遅れたSさんに、モンスターの攻撃がドスッと入って
その場で倒れてしまいました。

運よく私は逃げられたので、Sさんを蘇生。
そそくさとその場を立ち去る……なんてハプニングも起こりましたが、
おかげで装備も少し多めに持てるようになりました。

オシャレも色々したいけれど、
私達、まだそんなにオシャレ装備もってなかった!
ということで、私は種族別装備では一番人気だと思われる
ウェディの装備でうろうろしています。
この装備、シンプルだけどいいなぁ。

早く染色も出来るようになりたいけれど、
こちらはまだちょーっと先かなぁ。

ひとまずはSさんが少しの間インできなくなる前に、
済ませておいたほうが良さそうなクエストを進めていったのでした。

ドラクエ10はこういったサブクエストやそのほか討伐クエストなどを
こなしているうちに、経験値がポンポン入ってくるため、
「レベル上げ」を意識しなくてもさくさくレベルが上がっていきます。
正直「もったいないなぁ」と感じるほどのペースです。

特にメインストーリーは、クリア時に大量の経験値が入ってくるため、
あまりに強くなってしまってもそれもまた「もったいない」という気持ちでした。

ですが、ストーリーはもちろんですが、
サブクエストも良く出来ているものが多くて、
つい進めたくなってしまうのです。
結果、気が付くと経験値がたまっていってしまいます。
出来ることも増えていくので、今後の世界の広がりもとても楽しみで、
こういった場合は嬉しいような困ったような……となってしまいますね。

それにしても「レベルを上げるのがもったいない」なんて
久しぶりに感じていた思いでした。
そして、
Kさん、Sさんも同じ思いだったということを、のちに知ることになります。


← 前の話 5.ひとつめのキーエンブレム
→ 次の話 7.一人欠ける日の多かった9月

三人の話 目次

  
コメント
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/826-02745fd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)