僧侶のクエスト終了

僧侶のクエストが終了しました。

現在、ジョブ別のクエストでは、ほかに旅芸人のクエストを進めているので、
あくまでもそれと比べての話ですが、内容としては地味目な話ではあります。

でも、物語がしっかりしていて、
FF11のアーティファクトクエストを思い出させてくれます。
良い意味で心に引っかかりを残してくれるお話です。

時には風習を打ち破る強さ。
「何もしないことが一番良い」という選択肢もある中で、
でも、打ち破らなければ物事の解決は進まないというのは
現実世界でもよくあることで……。

これは他職のクエストを進めるのが俄然楽しみになってきました。
そして、「楽しみ」というと、どうやら待機ポーズがもらえるらしくて、
私もちゃんとゲットしていました。

立ち姿がもらえるんですね

「高徳の聖職者」という立ち姿。
一緒に遊んでいるフレンドの立ち姿も見せてもらいましたが、
なかなかいいものですね。集めたくなってしまいます。

ということで、これがもらえているということは、
現時点でレベル50になっているということですね。
やっぱり早い!そして、もったいないw

現在、ドラクエ10はレベル96が上限でしたっけ。
レベルだけならほぼ半分というところにきました。

ここまでのレベル途上でもそうだったんですが、
今のレベルでも遊べることが色々用意されているんですよね。
この先、やりたいこと、やってみたいことは沢山あって、
そう感じられるのは現時点で私がまだ初心者の域であるという
特有の部分もあるとは思います。

ですが、その途上に置かれた全てのコンテンツに手をつける必要はなくて、
「やらなくても良い」「出来るようになったらやってね」
という遊びの余地が沢山残されていることが本当に心地よいんです。

本を読んでいてもギチギチに文字が敷き詰められているよりも、
適度な余白があったほうが読みやすいです。

この余白の部分に、私がこれから先の「お楽しみ」として
残してある部分が含まれているかもしれませんし、
今は無理だけどいずれはクリアしたいという「目標」になる部分もあると思います。
もちろん、中にはそのまま手をつけずに終わってしまうかもしれません。

それでいいと思っています。
そして、そんな世界の方が総じて長続きするし、住みやすいと
私は考えています。

そんな世界を普通に私のやりたいように冒険していった結果、

イエローダイヤリーコンプリート!

とりあえず、現時点でのサンビタリアの
イエローダイアリーも71人コンプリートです。
こういった要素も上手ですよね。

一人NPCを見つけるごとにちょっとした報酬。
もちろん、そのNPCのもつ情報が一番の報酬です。
MAX報酬だけ狙いにいくなら50人でもらえて(=全員無理に探す必要はなし)、
その先は10人ごとにボーナスが出るという感じ。
実装時から少しずつ対象NPCは増えているらしいです。

無理矢理対象のNPCたちに話しかけに行ったりしていなくても、
色んな街を訪れ、冒険をしていたらちゃんと集まってる……っていうくらいの範囲。
たまーに表面のマップを見ているだけでは見つけにくいというNPCがいる程度。
それですら、クエストを進めている人なら問題なくコンプできるものです。

ドラクエ10はFF11を参考に作られた部分が多いと聞いています。
確かにFF11に似た何かを感じることが多いです。
その中にドラクエらしさもちゃんと残っていますし、
またドラクエ10ならではのオリジナリティもきちんとあります。

実際にプレイしてきて、二ヶ月。

両者に共通していえるのは、ストーリーなどの扱いの重さといったものだけでなく、
MMOならではの人との出会いや冒険なんかを大事にしているということ。
ドラクエ10はそこに今風にライトな部分にも
対応しているところがいいのかなと思っています。

  
コメント
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/830-2d73010e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)