ウルベア地下遺跡「亡都の地下堂」にて

FF11で知り合った
Kさん(ウェディ)とSさん(プクリポ)、そして私(エルフ)は、
2016年8月にドラクエ10をスタート。
ストーリーを進めて行こうとした矢先に、ログイン出来ない状況が続くSさん。
残された二人は他職で遊びながら待つことに。
そんな矢先、Sさんから連絡がきました。

Kさん 「大変だなぁ、チャンスは三日かぁ」
「うん、三日間。でも、実質二日間かな」

海外出張中だったSさんから飛び込んできた知らせは、
帰国後また海外に行かなければならないというものでした。
日本にいるのはわずか一週間。しかもイン出来るのは三日間。
さらに、そのうちの一日は日本に帰ってきた当日。
つまり、実質二日間というわけです。

Kさん 「いつもどおりSさんのやりたいこと優先でいいと思うけど」

何かと忙しいSさんのログイン頻度は、Kさんや私に比べると決して高くはなく、
その為、私たちが三人そろってインできたときには、
まずSさんのやりたい事を確認してから動くようにしていました。

「それについてはストーリー進めたいとは言ってるんだよね」
Kさん 「じゃあ、予定どおりストーリー進めようか、それ最優先で」

二日間で既にクリア済みの各自の出身地に応じた町以外の
キーエンブレムをそろえる……ということが目標になりました。

ほどなくしてSさんが日本に帰国。
私たちが本格的に五大陸中を飛び回る二日間が始まりました。

アズラン温泉(女湯)

限られた時間の中でどのように進めていくかについては、
私にちょっとした考えがありました。
そのため、私たちはアズランに集まっていました。

そこでたまたま未クリアだったアズランの温泉のクエストを発見。
Sさんの疲れを癒してもらうためにも(?)先にクエストをクリア。
早速温泉に入ってみたら、湯船に桜の花が浮いていてなにげにオシャレ。
そのことを伝えると、男湯はもみじだよと教えてくれました。

Kさん 「おれなんとなくわかった」
Kさん 「女湯見れなかったからダメなゲームだ!」
「えっ!!」
Sさん 「女湯へいける秘密の通路があるはず」
Sさんまでそんなことを言い出すとは。
Kさん 「ちょっと……

Kさん 提案広場いってくる!!!!」

まったくもうw

ま、お風呂も入ってホカホカしたところで、肝心のストーリーですよ。

Sさん 「どうすすめるー?」
「それなんだけど、こういう進め方を考えたんだけどどうかな」

こんな感じでどうかな?

つまり、三人に関わる種族の町(アズラン、オルフェア、ジュレット)のうち、
未クリアのストーリーを三人同時進行で、
各自適当なところまでイベントだけ見てしまうということでした。
なので、グレンとガタラはイベントも皆で進めていきます。
「適当なところまで」というのは、
ボス戦やダンジョンにそろそろ行くかなーというあたり。

Kさん 「それでいいんじゃないかな。確かに時間も短縮できる」
Sさん 「いいね!」

「でも久しぶりに揃ったのに、いきなりバラバラで進めるのも寂しいから、
まずは体験版で少し進めたガタラの話を皆でやらない?」

二人 「さんせーい」

ということで、まずはガタラを進めることになりました。

ガタライベント

ガタラのガラクタ城に住むダストンの助手になった……つもりはないけれど、
ポツコン2号として手助けすることになった私。
ある石板を盗もうとしている怪盗ポイックリンをなんとかするというのが目的。
でも、ポイックリンにはダストンに危害が及ぶことを避けるために、
どうしても石板を盗まなければならない理由があったのです。

一度はポイックリンの手に渡った石板でしたが、
またもやダストンの元に戻ってきてしまいました。

ダストンはさらなるお宝(ガラクタ)を求めて、
ある場所でその石板を使ったところそこには古代の兵器が!
そして、ダストンが知ったポイックリンの正体とは!?

ウルベア魔神兵との戦闘

すでに三人のレベルがそこそこ高かった(レベル40程度)ため、
危なげなくボスを倒して、ダストンの持つ「黄のキーエンブレム」をゲット。
ボス戦よりも、どちらかというとダンジョンの構造が
思っていたより複雑だったことに驚いていました。

ガタラシナリオクリア 黄のキーエンブレム

さ、ここからは各自で行動です。
私はジュレットとオルフェアでの話を、
Kさんはオルフェアとアズラン、Sさんはアズランとジュレット。
それぞれに物語を進めて集まったところ、
一番「気になる!!」となったのはオルフェアでした

私はアズランは当然クリア済み。
雑に言ってしまうと、ジュレットはネコを嫌がる魚たちのお話。
オルフェアは町長さんがいきなり子どもたちを誘拐してしまったお話。

気になるところが後回しになるのは、私たちのいつものパターン。
ということで、私たちが次にボスを倒そうと向かったのはジュレットでした。


← 前の話 7.一人欠ける日の多かった9月
→ 次の話 9.「かわいく見えてくる」って言うからジュレットへ

三人の話 目次

  
コメント

初めまして。少し前からこちらのブログにお邪魔させていただいております。
私もFF14からDQ10に移住し、現在はすっかりアストルティアの住人です。
皆さんの絶妙なバランスがいいコンビネーションを生み出しているなぁと
読んでいていつも感じています。これからも皆さんの冒険をいっぱい書いて
いってください。楽しみしています。あと質問なんですが、こちらのカテゴリー
についても、ひと記事ひと場所のまとめページみたいなものを作るご予定は
ありますか?
夜月│URL│11/09 11:20│編集

■ 夜月さん
こんばんは。コメントありがとうございます。
三人のコンビネーションと言えるかどうかは分かりませんが、
三人ともキャラがかなり違うので、この先もっとその違っている部分が
うまく表現できるといいなぁと思っています。ぜひ、また感想をお聞かせください!
まとめページについては一応予定しているのですが、
10記事分くらいたまったところで作ろうかなーなんて思っています。
読み返してくださる方がどの程度いるのか全く分からないですが、
多分あったほうがいいのかなー程度には思っています。
れあ│URL│11/10 19:31│編集
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/839-541cc201
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)