カザムから見える夕焼けの海

「ひと記事、ひと場所」。
今回はカザムです。

ジュノまで到達して、さて次はどこに行こうかと迷ったとき、
何ヶ所か候補地があって、
まずはジュノからワープなどを使わずに行けるところということで、
カザムに行ってみることにしました。

南国カザムは集落らしく、狭い場所ではありましたが、
その密度はかなり濃くて、南国らしさとミスラたちの生活が
想像できる場所でした。
小物も初期エリア以上に豊富で、目新しいものも多く、
初めて来たときは見ているだけで楽しかったです。

この板階段を渡るときのワクワクが!

飛空艇から降りて、まっすぐ走るとある板階段。
ここから町の出口が既に見えるわけなんですが、
このときのワクワクした気持ちは忘れられません。

飛空艇から降りたときは海そばなので、
ずっと海鳥が鳴いているのが聞こえているのですが、
この階段あたりから南国特有の虫の声が聞こえてきたり、
甲高い鳴き声のする鳥の声が聞こえてきたりと
「あー南国にきたー」って思わせてくれる効果が抜群でした。

ここにホームポイントを移して
レベル上げに勤しんだ人も多かったのではないでしょうか。
私はもうその全盛期からは外れていましたが、
まだまだカザム外でパーティをしている人がいた時期は経験していて、
ゴブリンがリンクしたらパーティのみんなでわーわー言って
カザムに逃げ込んだりしたことを思い出します。楽しかったですね。

カザムに逃げ込んだついでに、
魔道士の場合はジュースを買い込んでくる人もよくいました。

競売所の3人のミスラさん

その競売所は実に素朴な造りなんですが、
三人のミスラが窓口を担当。
初期装備と種族装備を組み合わせたファッションをしています。
最近では学校や職場でも、組み合わせることで好きなスタイルで
着られるタイプの制服があり、個性が出るからと人気もあるようなのですが、
まさにそれのさきがけをいっていたんじゃないかと思います。

この競売は迷うことはないと思うのですが、
意外にカザムで迷子というのを私はよく見かけました。
特にホームポイントが多かったかな。
マップを見ればもちろん大丈夫なんですが、
何もないとどこに何があるか分からなくて
「出口どっち方向かいっつも迷うー」と言っている人がいました。

トンネルをくぐって

私自身のカザムの思い出というと、やはりテレポクエが筆頭でしょう。
「若きロテノーの悩み」というクエスト報酬のテレポヨトをもらうために、
トカゲが落とす「エルシモの名石」というアイテムを手に入れる必要があり、
がんばって取りに行っていたのですが、
ロテノーよりも私の悩みを解決して欲しいくらい全然石が出てくれなくって。

当時はフェイスはもちろん、フェローもまだいなかった時代。
レベル40に満たないモンクサポシで狩りまくったリザードは約950体でした。
そうやってようやく手に入れたテレポヨト。
のちにモブリンの温石のゲットにも苦労した私は、
「れあさんに石は鬼門だね」と
未だにフレンドからネタにされるほどの出来事でした。

オポオポ探したよねーあとはこのオポオポ……といえば、オポオポ王の王冠がもらえる「オポオポ王への道」。詩人をやっていた方ならほとんどの方がクリアを目指したと思います。また女性キャラの場合はちょこんと乗った王冠が人気でオシャレ装備的な扱いも受けていましたね。
タルタルの女性キャラも小さい王冠にしてーっていう声もありました。

10体のオポオポに順番どおりに指定のアイテムを渡さなきゃいけなくて、
そのアイテムも入手が手軽ではないものもあったので、
慎重に何度もオポオポたちの名前を確認しながらクリアしたのを思い出します。

フレンドさんがかなり積極的にアイテム集めに協力してくれて、
その後の詩人ライフをシャイルと共に支えてくれた一品でした。

さて……。
また町に目を向けてみましょうか。

南国のモーグリ、ハチミツの瓶はおなじみ

ミツバチの描かれたボトルはウィンダスで沢山見られるおなじみのもの。
建物の雰囲気なども込みで、ウィンダスとのつながりを感じますね。

家の中に入ると屋根裏に行けるようなハシゴがぶら下がっていたり、
タペストリーがとても多いのも特徴。
囲炉裏のようなものがある部屋がうらやましかったです。
板の間にペタンと座るというところが、
南国っぽいというか、ミスラに似合ってるなーって思って見てました。

何気なく置かれたものに生活が伺えます

民家の外などに何気なく置かれたものにも
ミスラらしさが伺えて、狩りや釣りで生活しているんだなぁって
想像できるところがにくいですね。

種類豊富な防具屋さん

お店の方もなかなか取り扱いが多くて、
ここまでいろんな装備を飾っているところは
そんなにないんじゃないかなと思うレベルです。

奥の柱についている猫をモチーフにしたと思われる
魔除けみたいなのがかわいいです。
お店だけでなく、色んな家に置かれています。

こちらも様々な剣などが売られています

武器屋のほうも同様に品物が豊富。
でも、弓の取り扱いとか多そうなのに、実際の販売品を見ると
バトルボウだけなんですよね。
矢も種類が全然なくて、木の矢だけだったかな??

道具屋もありますが、こちらのお店はこざっぱりした感じで、
ヴァナにおけるチェーン店、M&Pマートの支店なので、
陳列の仕方などきちんとマニュアル化されてるのかなーとか
想像していると楽しいです。

最後はお気に入りの水汲み場。

水汲み場がお気に入りでした

こういったものがあるのがすごくいいですね。
自然の流れを利用しつつ、それを樋で受けてためるっていう
とってもシンプルだけれど、
自然と共に生きるという
ミスラらしさが感じられるお気に入りの場所です。


「ひと記事、ひと場所」タイトル一覧

  
コメント

ジラート時代知らない私が競売見たとき思ったのは、客が居ない売り子という感じで哀れ、でした。

あとは街から出て右手のとこ、何処へ行けるのかワクワクしてたなあ。ミッション進めても「何もないのかよ!」としり、かなりガッカリ。
カザムもアルテパも島なのに海岸フィールド無いんですよね。。
水溜まり師匠│URL│12/17 02:37│編集

■ 水溜まり師匠さん
こんにちは。
閑散とした中にポツン、ポツンとある窓口が哀れに見えるのも分かります。
私はギリギリ多少賑わっていた時期を知っているプレイヤーだと思うのですが、
全盛期を知っている方はその頃であっても「だいぶ人が減ったなー」と
お話になっていたのが思い出されます。

水溜まり師匠さんのお話になっている場所とは少し違うのですが、
私はこの競売の左側にミスラが封鎖している通路の先に
いつか行けるんじゃないかと思っていました。こういった場所多いですよねー。
れあ│URL│12/19 14:26│編集
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/875-3004a4ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)