雑多に置かれたものもいいですね

「ひと記事、ひと場所」。
今回はノーグです。

ノーグといえばジラートミッションをスタートしたときの最初の舞台ですね。
海賊の巣窟ということと、禁制品の密輸などにも関与している関係なのか、
色んなところに雑多に置かれた木箱やボトルが、
その荒れた雰囲気を演出しています。

今でこそ魂石の預りなどもあったり、
少し前ならば星唄ミッションの基点にもなっている為、
奥のギルガメッシュの部屋に向かう冒険者の姿が見られた場所ですが、
かつてはあまり人が訪れる場所ではありませんでした。

私も海蛇でレベル上げをする時にはよく来ていたけれど、
それ以外は特別に何かない限り、この小さな町にくることがありませんでした。

あまりに有名なセクシーミスラ

その奥に向かう途中の部屋には、あまりにも有名すぎる
セクシーなミスラのポスターがはってあったりして、
海賊稼業をしている荒くれ者の集まる部屋って感じが
よく出ているなと思ったものです。

このポスターですが、ノーグで追加されて以降だと思うのですが、
他の場所でも見られる場所があるんですよ。
こちらはガルカ?
ただ、この下の段に貼られているポスターは、逞しいガルカのものみたいなんですよね。
しかもなんとなく見える装備の形状からおそらくガルカの初期装備っぽい感じ。「っぽい」というのは、完全には一致していないからなんですけどね。

以前にこのポスターがどういうものなのか色々考えたことがあります。
今風に考えるなら有名な俳優、ガルカ的発想でいくと語り部とか。
オーソドックスに、家族の写真なんていうのも十分考えられますね。

雑誌などは既にあることは初期のエリアにあるオブジェなどからも分かっているので、
上のミスラポスターなども含めて付録でついてたりとか……w

ギルガメッシュのところには東方の品がいっぱい

さらに奥に行くとギルガメッシュの部屋。
さすがにここは豪華な造り。
沢山飾られれた東方由来と思われる品物の数々は、
ヴァナがこの先、東方にも広がっていくんじゃないかという期待で
いっぱいになったことを思い出します。

なんとなく燻った感じがいい空気感を演出

ノーグといえば何度かブログにも書いたことがある人物で、
マウラのあの母娘と関係があるのではないかと思われる記憶喪失の人が
私の中ではいつも心にひっかかっています。

なぜか、ノーグに来ると気になって話しかけてしまうんですよね。
NPCの再配置などは今更難しいということなら、
この際小瓶に手紙が入ってて流れ着いた(!)でもいいから
マウラの母娘に希望を持たせてあげたいなーって思ってしまいます。
クエストのような大層なことをしなくていいので、
こっそりそういったテキストを入れておいてくれるとなお嬉しいです。

競売所にて

荒っぽいけれど、実は人なつっこい人物が多いノーグ。
ここにいる人たちは、
種族に関係なく対等の立場でそれぞれいるなぁと、
ミッションやクエストなどを進めている時に感じました。
「海賊」っていう設定があるせいかもしれないけれど、
きっとプレイヤーの見えないところで、夜は毎晩酒盛りをしてそう。
種族関係なく肩でも組んで歌を歌いながらね。そんなイメージです。

この船の出入りは印象的

ノーグに出入りする船を見ながら、
「いつかここからどこかに行けるのかなぁ」なんて思ったのも今は昔。
少しだけ残念なのは、このノーグルートの船の上に実際に立つことはできないこと。

でも、ここがセルビナやマウラにつながったのはやっぱり大きな出来事。
冒険者のためとはいえ、長い間封鎖していたところを開放するって、
実はギルガメッシュを筆頭に、ノーグの幹部の人たちが
何度も話し合ったんだろうなと想像出来てしまうくらい、
大きな変化だったんじゃないでしょうか。

でも、その変化をもたらしたのが、
ジラートミッションを始めとした冒険者の働きが「信用に足る」と
判断されてのことだったら嬉しいですね。


「ひと記事、ひと場所」タイトル一覧

  
コメント
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/907-69b15711
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)