シオンさん登場

ずっと進めたいと言っていた
PSO2のEP1からのストーリーをついにスタートさせました。

EP1を始めるとてっきり何かオープニングイベント的なものが
差し込まれるのかとおもったらそんなことはなく……。
どうしたらいいんだろうと思っていたら、ショップエリアでイベントがスタート。

── この日を迎えるため

シオン登場です。
名前だけは知っていたものの、アークスにとってどういった関わりをもち、
何を為した人なのか……テキストでしか知らなかった人。
これから実際にそれが分かるのかと思うと楽しみ。

シオンに限らずですが、ずっとEP4を進めてきて、
色んなNPCと出会い、ダークファルスとも何度か戦っていますが、
旧知の仲のようなのに全く知らないとか、
なぜ敗者なのか、若人なのか、そもそもフォトンって何?
といった基本的な設定が分からず、もどかしく思っていました。
(一応ストーリー設定上、記憶があいまいということにはなっています。)

もっと早くEP1に行けば良かったんですが、
EP4のストーリーの更新も早く、ついついそのまま進行しちゃってました。
ですが、現在、私のストーリー進行状況はかなり遅れていることもあって、
同じ進行度のフレと、良い機会なのでEP1を進めていくことにしました。

Ep1-3はこのマターボードでお話が進行

EP4との大きな違いはやはりこのマターボードでしょう。
すごろくのように各ピースには色んな課題が書かれています。
例えば、敵から○○を取って来いとか、
ほにゃららのイベントを見て来い、誰それと話してこいとか。
まだ最初ということでそれほど難しいものはありませんでした。

指定されるアイテムのドロップについても、
一体目でドロップしており、運が絡んで面倒だといったことを
聞いていたのですが、そんなに大変だとは思いませんでした。
これは調整されたのか、最初だからなのか分かりません。

コマを進めていくと、次々に起こるNPCたちの自己紹介イベント。
最初だからか、数多くの自己紹介イベントが発生
かなりの数の人物が一気にどばっと登場しました。

NPCとの会話はゲーム内のチュートリアル的なことも多く、
ジョブの説明などもしていました。
が、中でも気になったのは、フォトンをうまく使えない人もシップにいたこと。
シップにいる人は、多かれ少なかれフォトンの扱いが
出来る人ばかりだと思っていました。

それから、
ダーカーに囲まれて倒れていた少女がいた、でも助けられなくて
……という話。
それに関連した話で別の人からは
戦場なのである程度の割り切りは必要という言葉も。

わざわざ言及しているところが気になるなぁと思っていたら、
勝手に「相棒」扱いされているアフィンといるときに
大量のダーカーが発生するという緊急事態。

あれ、これEP4でも見た光景だ。
というよりも、PSO2としての共通のイベントといった方がいいのかな。
私の初プレイのときはここでゼノがやってきたんですが、ここでは違いました。
アフィンと二人でダーカーを蹴散らしたところで、
気になる方に行ってみると少女が倒れていました。

誰かが倒れています

この服装の雰囲気はもしや……マトイさん!?
彼女のことも正直なところ全然分からないんですよね。

実は今回EP1を進めようとなったきっかけに
EP4でのマトイとの再会も理由としてありました。
話を進めていた時に、マトイとプレイヤーとの絆が全く分からなかったんですよね。

「最初からやっていたら、ここはおおーってなるところなんだろうね」
フレ 「だろうなぁ、マトイは知ってても、どんな関わりあったか全然知らないからな」

と、EP4をプレイしていた時に、こんな話をしていたくらいです。

今回の登場でフレはEP1から出てきていたことそのものに驚いていました。

呼び出されてみると

さて、倒れていた彼女をシップにつれて帰ったところ、
しばらくすると意識を取り戻したという連絡をうけました。

マトイがすっかり懐いています

他の者には心を開かないマトイが、
こちらが教えてもいない名前を知っていたり、
なぜかプレイヤーのことだけは信用しているらしく、
すっかり懐いている様子がうかがえます。
彼女は何か感じ取っているようで、
怖い感じがするといって、プレイヤーに気をつけるように伝えてきます。

そうこうしているうちにまたシオンと会話。

シオンの言い回しは独特です

なにやら色々話してはくれるんですが……
とにかくこの人の話ってすっと頭に入りにくいんですよね。
言い回しが独特というか。
それが雰囲気を出しているといってしまえば確かにそうなんですけれど。

何言ってるのかよく伝わらない

フレンドとも「伝わりにくいねぇ」と話していました。

そういえば、マターボードのピース埋めに夢中になっていた私。
全て埋めたところで、新しいマターボードが渡されるのかと思いきや
イベントも何も発生せず、
二枚目のマターボードももらえずにしばらく困惑していました。

調べてみたところ、黄色のピースを埋めたときに発生した
ストーリークエストをこなすことで2枚目がもらえるという仕様。
で、私のようなミスをして、もらい損なってしまった人は
ストーリークエストは「クエストカウンター」にありますのでそちらへGo!

これについては、ちゃんとゲーム内でも説明があったのですが、
完全に見落としてしまっていたので、こちらのミスです。
ヘルプはちゃんと読みましょうw
が、出来ればマターボードに何かしらの手がかりが
書いてあるとよりありがたいなと思いました。
マターボードを100%にしたら次がもらえるのかなーって
勘違いする人もいると思うんですよね。

今回クリアしたマターボードですが、何やら裏ルートもあるという話を聞きました。
そちらのクリアもとても楽しみにしています。


さて……
PSO2は現在新規で始めると問答無用でEP4からスタートしてしまうのですが、
私としてはこれは最初にEP4からスタートか、EP1からプレイするか
自分で選べたほうが良かったと考えています。

ただ、EP4で大きくストーリーの進め方やガイドの方法が変わっており、
それが従来のマターボードよりも分かりやすく出来ていることもあって、
新規向けではあるのは確かです。
今回、EP1の導入部分に触れただけにも関わらず、
確かにEP4は親切になっているなぁと感じました。

マターボードが色々と不評だったそうなので、
より分かりやすくストーリーに集中できる
ストーリーボードで新規さんは遊んでください!というのは
ひとつの戦略ではあるのでしょう。

ただ、私は物語や世界設定を考えたりするのが好きな方なので、
イチからやりたかったなぁというのが本音です。
各キャラに対しての理解や、感情移入の度合いも大いに変わってくるでしょう。

ちなみにマターボードに関してなんですが、
私自身はこういった感じで進めていくのは嫌いじゃないです。
パズルのピースをはめていくような感じで楽しいですね。
もちろん、まだ序盤なのでこれからうわー面倒だーって
思うかもしれないけれどw

どんどん進めたい衝動に駆られつつも、
これまでクライアントオーダーを受けたことのない人からCOが発生していたり、
色んなNPCに話しかけてみるとちょっとずつ違う話が聞けるので、
まずはこのへんも色々見ていきながら進めていこうと思っています。

  
コメント

初めまして、いつも楽しく見ています。
マターボードは今は規定数の敵を倒せば必ず落とすようになっているのと、ドロップ率自体が高めになっています。
ですが実装された当時は、ドロップ率があまり高くなく、レアモンスターはキーアイテムをドロップしないので(今は違います)、ボスが指定されていた場合、レア種だとまったくうれしくないという意味不明な状態になっていました。
FF11で言えば、毎回、カーバンクルの紅玉とりをやらされるようなもので、はまるとものすごいブレーキになるので不評でした。
シオンは確かに「何を言ってるんだろう、この人は」という言い回しをするので、頭に入らないですね。
いまシップ内にいるNPCや緊急クエストの敵、EP4でのプレーヤーキャラの扱いなどは、EP1~3を進めていくと明らかになっていくので、終わるとかなり印象が変わると思います。
匿名希望さん│URL│01/26 16:23│編集

■ 匿名希望さん
初めまして、コメントありがとうございます!
> マターボードは今は規定数の敵を倒せば必ず落とすようになっているのと、ドロップ率自体が高めになっています。
あぁ、やっぱり緩和されていたんですねー。
以前のままですと、確かに「物語進めたいのにー」と
じれったい状態になることも多かったでしょうね。
きっと私も同じように感じただろうなぁと思いました。

EP1から始めたことによって、ストーリーはもちろんですが、
登場人物やこの世界のことをより知ることが出来ることを楽しみに、
のんびりと進めていこうと思います!
れあ│URL│01/27 20:45│編集

れあさんこんにちは〜♪ついにEP1スタートされたのですね♪
シオンさんの物言いはエピソードを続けて行けば理由はわかりますよっ
EP4でのエンガと2人で月に行った時の意味も…

ぜひゆっくり紐解いて見て下さいね♪
みぅ│URL│01/28 13:28│編集

■ みぅさん
こんばんはー。ようやくスタートさせました。
以前にみぅさんに「良かったよ」って教えていただいたところまでは
まだ少し遠いですが、楽しみにしながら進めていこうと思います。

れあ│URL│01/31 21:01│編集
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/908-8c6531c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)