少しずつやれることが広がってきて

FF11で知り合った、Kさん(ウェディ)とSさん(プクリポ)、そして私(エルフ)は、
紆余曲折を経て、2016年8月からドラクエ10をスタート。
各都市のキーエンブレムを全て集め終え、
いよいよネルゲルへ挑む日も近付きつつありました。

が!!
あのクァバルナの強さが忘れられない!

Sさんや私はクァバルナの一撃受けただけでもHPが半分程度、あるいは瀕死状態。
最悪そのままパタンです。
Kさんも、会心が入ると倒されてしまいます。
クァバルナと戦って

そういえば、少し前に特訓モードにするためのクエでネクロバルサと戦ったときも
明らかに私たちのHPが少ないと思うことが何度もありました。
これは、パッシブスキルをもっと積極的に集めていかなければならないのでは……。
三人での会話でも、
「HP+」「パッシブ」についてよく話題にのぼるようになっていました。

ただ、同時に思っていたのは、ネルゲルがVer1のボスである以上、
当時のレベルキャップであるレベル50があれば、
(当時は厳しかったとしても)倒せるように本来はなっているはず。
しかも、私たちはもうレベル56なんです。

倒せないわけないじゃないかー!
ネルゲルについてはこのまま行っても十分勝てるはずっ。
そう固く信じている私。

旅芸人のストーリーが完結

この頃(2016年10月後半-11月)には、
ドラクエ10での生活にも馴染んできて、
少しずつ周囲を見る余裕が生まれてきた時期でもありました。

前述のパッシブスキルのことや、別のジョブを集めていくこと、
職人のレベルもあがってきて、レシピ取りをしたり、
必要なプロパティの装備がほしくて、
転生モンスターを狩りはじめたのもこのくらいの時期でした。
また、Sさんが海外などに行っている間に始めた私の旅芸人も、
ジョブクエストを終えるまでになっていました。

さぁーいってみよう!

分かりやすい目的のオススメのクエストをクリアしていったり、
ストーリーやレベルをあげていくというところから、
自分たちに必要なことに合わせて、それを選択し、
自分たちなりに動くことが出来るようになってきていました。

Sさん 「今は時間的に別のジョブと平行でレベルあげるのはきついけど、
HPはゆくゆくは増やしていきたい」

Kさん 「武闘家とか戦士が良さそうだね」


「討伐クエの経験値……積極的にまわしていく?」


二人の返事まで、少しの間。

「生真面目なプレイヤー」というと聞こえはいいのですが、
レベル上げ序盤はそのジョブの基礎となる部分が
特に詰まっていると考えている私たちは、
本当に経験値を稼ぐのが大変になるまでは、
地道にレベルをあげてゆくことをひとつのプレイスタイルとしていました。
そのため、これまでは日替わり討伐の経験値も、
極端には他ジョブにつぎこんでいませんでした。
なのでこの提案は私たちの信条に反することでもありました。

Sさんの家の前にて

Sさん 「そうするかー」
Kさん 「そうしよう」

ここまでドラクエ10をプレイしてきて、
色んな見極めが出来てきたからこそ選べた選択肢でした。

パッシブスキルはとても大事。
もちろんジョブごとの動きも当然大事。
でも、他人に迷惑をかけなくても、
三人で練習が出来る場がドラクエ10には沢山用意されている。

強めの日替わり討伐も受けるように

高ポイントがもらえる強めの日替わり討伐も、
この頃から積極的に受けるようになり、
そこで得たポイントを武闘家や戦士などにまわすようになっていました。

ただ、これから挑むネルゲル戦については、
当時のキャップよりレベルが上がっている状況からみて
パッシブ取得について意識はしませんでした。

あくまでも、その先の冒険のため。
ネルゲル討伐後に広がるであろう世界のため。

待ってろ!ネルゲル!

キーエンブレムをコンプリートした三人はすぐにネルゲルには挑まず、
予定されていたSさんの海外出張からの帰国を待って、
いよいよ決戦の地に向かうための話を進めにグレンに向かうのでした。

待ってろ!ネルゲル!


← 前の話 17.キーエンブレム・コンプリート
→ 次の話 19.過去への旅路


三人の話 目次

  
コメント
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/912-8b8d3717
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)