ヴァナではお久しぶりです

ヴァナではお久しぶりです。エル戦です。
……ということで、久しぶりに登場のエル戦さんことKさん。

FF11を引退したわけではないのだけれど、
現在はドラクエ10やPSO2でプレイされているので、
FF11は休止されています。

そんな彼がおよそ半年振りにログインしたその理由は……

彼を本気にさせたのは「ウォーマシン」

Wow Wow!ウォーマシン!

休止中の今でも公式のチェックなどは怠らない彼なのですが、
「今度のログポ、ウォーマシンじゃん!」
「いいなー乗りたいなー」「課金しようかなー」

とずっと言っていたのでした。

早速、ウルガランへ。
まぁ……アレをやりに行くに決まっているのです。

マウントで移動が出来るようになったウルガランは、
ただただ楽しい場所になっていて、
特に二人で向かったこの日は途中からびっくりするほどの快晴に恵まれたせいで
フィールドがとてもまぶしくて見辛くなっていました。

ウルガランをゆく二台のウォーマシン

「前はこいつに見つからないように移動してたのになー」
と、タウルスの前を無邪気に通るKさん。
その様子を後ろから見ていた私。
Kさんが頂上へのルートを再び進み始めたので、
私がそれを追おうと進めたとき、足下に穴があるのを発見。

「おっと、穴に落ちるところだったw」
「ちぇwwおちなかったかwww」
…… ちぇ?
「まさか!」
「さりげなく誘導したのにw」
「ひどいww」
彼は全然無邪気じゃなかった。邪気に溢れていた!と思った私です。

頂上には今回もヨン様はいらっしゃらなくて残念でしたが、
目的のウルガランスキーの会場へ。

「俺が先にいって、れあさんが少しあとのほうが二人で滑ってる感じが出る」
「なるほど。んじゃ、抵抗しながら(キーを逆入れしながら)ゆっくりめにいってね」
「おっけー」

じゃあ……
「さん、にぃ」
「せー……」

「まってまって、せーってなにw」
「せーのって言おうとしたwカウントそっちにまかせる」
「おうw」

あらためてKさんがカウントをして滑降開始。
1カウントほどおいて私も滑降スタート!

滑降スタート直後 横ならびをキープ

ひゃはー!

ちょっと差がついてきたー

楽しいー!

いつもならキーの逆入れをすることで、
滑降スピードを少し落として位置の調整をしやすくしているのですが、
それをしてしまうとウォーマシンに視界がさえぎられてなにも見えない状態の私。

それでもなんとか、後半のほうでようやく減速しながら降りていくことに成功。
その頃にはKさんをかなり置いてきてしまっていましたが。

一応ね、カメラ目線じゃないけど、正面からのSSも撮れました。

カメラ目線?でパチリ

小さいけれど、真顔なのを想像するとシュールw

そして、まず私が見事に棚のところに到達。
そのあとKさんもストンと落ちてきました。

見事な着地♪

「私たち天才じゃない?w」
「うますぎるなw」

おそらくここで二人が浮かんだのがタル黒さんことSさんのこと。

「Sさんがいたら……」
「落ちてただろうな……w」

色々とひどい私たちですw

ウォーマシン、
横並びで見ると口をパカッとあけた状態で走っているのが
なんとなくかわいくて(Kさん曰くアホっぽいw)、
ずらっと並んでぞろぞろ走ってみたいなぁ。

横並びだとなんだかかわいい

久々にヴァナで遊んだKさん。
ウォーマシンの満足度はかなり高かったみたいです。
それだけの魅力を秘めていたウォーマシンはすごい!

  
コメント
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/949-caf883bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)