サボテンダーの思い出

「サボテンダーの思い出」をゲット。

サボテンダーの思い出というと……
私が白魔道士でいるときにロックスタイルで常に表示されているのが、
アビセアのサボテンダーNMから手に入れた「ベニフィクス」という武器です。

IL119の武器が大全盛の中、
IL非対応の武器でまだ使っている人がいそうな
数少ない武器のひとつじゃないかと思うのですがどうなんだろう。

形としてはセプターと同じため特別珍しいわけでもないのに、
未だにこうして見た目の装備をしているのは、
ロッドの見た目が好きだからということだけでなく、
当時の私としては結構背伸びして取った武器だったからなのです。

ウィンダス

ヴァナではひなまつりが開催中ですが、
この季節になると三国にそれぞれ咲く桜を見に行きたくなりますね。

各国の桜が咲いているエリアに行くと、
やわらかなピンクの花びらが歓迎をしてくれているみたいです。
時折、風に散る様子がきれいですね。

桜って不思議と(現実でもそうなのですが)、
人工物の中にあっても親和性の高い植物ですよね。
当然、自然の中で咲くものは力強く、美しいのですが、
アスファルトの中にあっても馴染むなぁといつも思います。

だから、自然と調和しやすいウィンダスはもちろん、
サンドリアもバストゥークも見ていて全然無理がないんですよね。

ウィンダス夜

ウィンダスはいつも水の区を南北につなぐ橋の両脇に咲く桜がお気に入り。
狭い路地にある並木感があっていいんですよね。
アーチをくぐっているような気分になれるところも好き。
いつもいつもそこでSSを撮っていて、
自分でも笑ってしまうくらい同じ構図のものが多いです。

ワイバーンの思い出

何かと多忙な一週間だったのですが、なんとか目処がたちました。
月曜からは通常進行でいけるようになる……はず?

ずっとお世話が出来ていなかったモンスター飼育が気になっていたのですが、
そこまで好感度的なものは下がっていなくて助かりました。
少しだけ時間があったときに「ガーデンのお世話だけ!」と思ってインしたら、
ワイバーンからの思い出をゲット。
久しぶりだったのにいいお出迎えをしてもらえました。

最後の育成モンスターはよほどの何かがない限りは
ドラゴン系のどちらかになるのかな?と思っています。
ただ、エラスモスの成長がかなり遅いんですねー。
どちらが先に次世代にバトンタッチするのか見届けようと思っています。

さて、忙しかったとは言っても悪いことばかりではなく……

アースロキャップ

こういう装備はタルタルだったら
かわいく見ていただけるのかなーと思いつつ……。

ゆでガニ状態のような感じがしなくもない「アースロキャップ」。
いつものように+1にすると何かしらの効果がつくのですが、
今回は「ストック:カニすき」というもの。

もぎヴァナを見ていたからカニに縁のあるものが出るって知っていたけれど、
見ていなかったからきっと「かにすき(鍋)」が出ると思っていたかもしれません。

何度か出してみましたが、白砂、岩塩、岩塩……。
だっ大丈夫、私、負けない。
こういうのはお遊び要素ですからねっ!

松井さん、コメントを拾う!

私が「もぎヴァナ」を見るときに楽しみにしているのは、
世界設定のことや開発の裏話が聞けることです。

第31回のもぎヴァナでは、松井さんがコメントをひろって返事するという
高等テクニック(笑)を披露していて、コミュニティチームの望月さんから
「31回という回数の重みを感じる」と感心されていました。

さて、今回のもぎヴァナでは、
開発の実情が伺えるようなコメントがありました。

アドゥリンMの報酬のひとつ
「ナラワシネックレス」の取り直しをしたいかといったユーザー側への質問から、
それを簡単には実装できない理由を語る藤戸さん。

世界設定の部分で難しいところ。
割り切ってしまえば出来そうなところ……。

例えばナラワシネックレスなら、アイテムを渡される際の背景や理由などが
あるわけですが、複雑なイベントフラグが色々と立っているから、
そこのイベントチェックをする工程(一ヶ月まるごとかかる可能性もある)を考えると
優先度的に現在のプレイヤーがすぐにでも欲しいものなのか、
どうなのかという切り分けをしなければならないということ。

いっそ、割り切ってしまえば違う方法でそれを提供できるかもしれないけど、
その場合はシステマチックになってしまう可能性が高い。

予想はしていたけれど、相当人的にも厳しいんだなぁと改めて実感。
それでもプレイヤーの期待に応えようとしてくれている部分も感じながら見ていました。